温情小说《ナミヤ雑貨店の奇蹟》

2021-04-25 10:21:47 蜻蛉日语

今天蜻蛉日语跟大家一起了解日本作家东野圭吾写作的长篇小说《ナミヤ雑貨店の奇蹟》。

蜻蛉日语是佛山个性化日语教育机构,专注高考日语、留学日语、商务日语、日语等级考试等教育培训,提供一站式日本留学咨询服务,更多日语学习问题,欢迎与蜻蛉日语交流。

《ナミヤ雑貨店の奇蹟》虽然是2012发行的,但好书不怕旧,非常值得推荐给学日语的同学。

蜻蛉日语官网-佛山日语培训学习班

日语水平比较好的同学可以读日文原版,觉得看原版吃力的同学,

可以搭配中文版《解忧杂货店》对照阅读。

这本书讲述了在僻静街道旁的一家杂货店,只要写下烦恼投进店前门卷帘门的投信口,第二天就会在店后的牛奶箱里得到回答。

一共有五位咨询者倾诉了他们的烦恼,包括了有关亲情、爱情、家庭、梦想、未来等各式各样的烦恼。他们遭遇看似独立,但其实每个人物都牵动着彼此,都和“浪矢杂货店”有渊源,生命的偶然交汇,其实都会有千丝万缕的的联系。

这样的描述,是不是挑动起大家对小说的好奇心呢?

蜻蛉日语官网-佛山日语培训学习班

再来看看《ナミヤ雑貨店の奇蹟》的经典语录:


私は自分の夢を捨てたくありません。夢を追いかけてきたからこそ、私は私らしく生きてこられたし、そんな私をあなたが好きになってくれたと思うから。あなたのことを片時だって忘れることはありません。でも、どうか夢を追わせてください。

我不想放弃自己的梦想。正因为我一直在追求梦想,所以才活得像自己,你也才会喜欢我。我时时刻刻想着你,但请你让我继续追求梦想。


人生の答えは、見つけたと思ったときしか、見つけられない。ずーっと昔から、何度も何度も、目の前に、その答えがあったとしても、それは、答えにならないのだ。

关于人生的答案,看似找到了,但实际上还是没有找到。从以前开始,一直一直,很多次,感觉答案好像就在眼前,但是依然不能成为真正的答案。


考えてみれば、夢を追うことに意地になっていたような気がします。引っ込みがつかなくなっている、という部分もあるかもしれません。

试着想想看,有时候会因为太执着于追求梦想,而变得无法抽离。这样的情况也是有可能的。


あなたの地図は、まだ白紙なのです。だから目的地を決めようにも、道がどこにあるかさえもわからないという状況なのでしょう。地図が白紙では困って当然です。誰だって途方に暮れます。だけど見方を変えてみてください。白紙なのだから、どんな地図だって描けます。すべてがあなた次第なのです。何もかもが自由で、可能性は無限に広がっています。これは素晴らしいことです。どうか自分を信じて、その人生を悔いなく燃やし尽くされることを心より祈っております。

你的地图是一张白纸,所以即使想决定目的地,也不知道路在哪里。地图是一张白纸,这当然很伤脑筋。任何人都会不知所措。可是换个角度来看,正因为是一张白纸,才可以随心所欲地描绘地图。一切全在你自己。对你来说,一切都是自由的,在你面前是无限的可能。这可是很棒的事啊。我衷心祈祷你可以相信自己,无悔地燃烧自己的人生。


愛する人に夢を諦めさせることは、死ぬよりも苦しいことなんだ。

放弃所爱之人,比死亡还要痛苦。


すべての問題が解決するまで、時間を要するかもしれません。多くの苦難を経験することになるかもしれません。しかし、だからこそ、家族が一緒にいる必要があると思います。

解决所有的问题需要时间,其间所经历的苦难也许会成为自己的经验。但是,也正是因为如此,家人的陪伴是很有必要的。